目指す方向

私たちはここへ向かいます

株式会社ネッツ

代表取締役社長

松本 清

・・・ 「ライフライン」 に寄り添い ・・・・

・・・・ 「快適で心豊かに過ごせる」 技術を磨き ・・・・

・・・・ 「お役にたち感謝される」 企業活動で社会に貢献 ・・・・

・・・・とは何かを考え続け・・・・

電気を安心して安全・快適に使っていただく

総合電気設備工事施工によって、

社会と関わり続けたいと願ってまいりました。

 

平成7年10月18日設立

創業より一貫してJR西日本グループ会社の電気設備工事に携わり、

社会インフラの整備に従事してまいりました。

平成7年1月17日に発生した兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)により

JR西日本はもとより、JR西日本グループ会社の設備も甚大な被害をうけ、

弊社は主に阪神地区で電気設備復旧、復興に昼夜を問わず力を尽くしました。

JR西日本の六甲道駅を中心に高架に大きな被害をうけ、

新長田駅は崩壊という状況で

住吉~灘が不通区間として最後まで残り、

震災発生から74日ぶりの4月1日に全線開通。

それに伴いJR西日本グループの設備も順次復旧、復興のペースが上がっていきました。

阪神高速道路の倒壊、ビルや家屋の倒壊により道路は寸断され通行不能のなか、

復興支援物資を届けることが困難となっていた。

避難所での生活や、その後建設された仮設住宅では、

官民問わず支援活動がおこなわれました。

ここでは、やはり「ライフライン」として「水」「電気」「ガス」の存在が

被災者の生活に希望の光を射します。

会社設立の年にこのような大災害の復興を経験したからこそ、

「ライフライン」に寄り添い

「快適で心豊かに過ごせる」技術を磨き

「お役にたち感謝される」企業活動で社会に貢献

『私たちは電気を安心して安全・快適に使っていただく

   総合電気設備工事会社として社会と関わります』

これを会社の進むべき方向として定めたい。

……先進的電力変換技術に携わり電力供給多様化へ技術を磨き

……通信機能を活用した安全維持機器の施工を手がけ

……インフラの老朽化対策 省エネ対策を提案できる企業を目指します

 

 

ターミナル駅を通るとき

私たちが手がけたあかりが輝き

防災設備が見守る

そこに集う人々を笑顔にする

信頼できる確かな施工で公共性の高い設備を提供する

私たちネッツは今この道を歩んでいます

ホームページでは掲載されていない少しカジュアルな私たちを紹介しています

仕事に取り組む思いを紹介します

社員の笑顔をご覧下さい

どのような職業を選択するかは人生の大きな決断です

社員一人ひとりの言葉を歌詞に

06-6886-7820